<全天周劇場>
深宇宙探険記

「メカニック設定資料集」

深宇宙探査船「ノルン」

norn01

<人類初の自律航行型「深宇宙探査船」>

 
究極のAIシステム「ノルン型AI」に、深宇宙での人類の未知の部分を知ろうとする「好奇心」を持たせることで、自律航行での探査を可能としている。
3機の探査機「ウルズ」「ヴェルザンディ」「スクルド」を搭載するマザーシップでもあり
搭載機と自分自身を守ろうとするある種の母性もプログラムされている

norn02
norn03
norn04

norn06

<超光速航行「アルクビエレドライブ」>

メキシコ人の物理学者ミゲル・アルクビエレが提案した超光速航行システム
船の後方で常に小規模なビッグバンを起こしつつ船の前方で常に小規模なビッグクランチを生じさせ、光より速く船を押し流すような時空の流れを生み出すシステム


高高度監視衛星「ウルズ」

ulz01

<深宇宙探査船の目>

▶巨大な3DVR電波望遠鏡と超光速航路測定器を搭載し、航路測定を行う
▶高出力レーザー通信中継機能を持ち、惑星探査時、「ヴェルザンディ」「スクルド」の情報を
「ノルン」に伝える
 ▶2つに分離して、惑星などの反対側に配置、通信網を確立することと同時に、小型のビーコンアイ(5センチほどの小型衛星)を四方に飛ばすことで、立体的な情報収集が可能

ulz02
ulz03
ulz04

ulz05

ulz06

<立体的な観測>

▶衛星軌道上に観測機を飛ばすことで、観測対象惑星を高高度から立体的に観測する機能を持つ
▶長距離観測用に、簡易型のイベントホライズンテレスコープをリアに搭載している


大気組成探査機「ヴェルザンディ」

vel01

<大気圏突入可能な調査機>

▶惑星などの大気が存在するところに侵入し大気組成を調べる機能を持つ
「スクルド」を2機搭載し、地上に届けるシャトルとしての役割も果たす

vel02
vel03
vel04


 

<大気サンプルを採取>

▶大気成分を簡易的に分析可能な装置を内蔵
▶採取した大気サンプルをカプセルにて射出可能


地質調査車両「スクルド」

skld01

<あらゆる地形に対応>

▶惑星などの重力のある場所に着陸して、地質などの組成を調査可能
▶低空でのホバリングをすることで、地形を選ばず移動可能

skld02
skld03
skld04
skld05

skld06

skld07

<惑星でサンプルを採取>

▶掘削機、破砕機を搭載し、採取したサンプルを「ノルン」に持ち帰ることが可能
▶後部を切り離し、「ウルズ」を利用して衛星通信で各種データをノルンに送る
▶惑星からのリターンがかなわない場合でも、採取したサンプルをカプセルに入れて射出可能